不動産の昔から現代までの、日本の独特の文化としての考え方を、いくつかの例から考えてみました。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

最近の賃貸や不動産の考え方

PAGETITLE
最近は不動産関係のニュースがよく目にとまりますが、不動産は特に日本では昔土地神話という話がありましたように、特別な思い入れが文化にまでなっています。不動産に関して有名なところでは、日本の精神的な伝統である武士の話で、もともとは平安時代あたりには貴族の護衛役だった臣下たちが、主君と共に地方に土着し、その地域で財産として土地をもらうようになり、その仲間同士でその土地を守ることから地位を得ていったということで、象徴的な言葉では一所懸命という言葉にまでなっています。自分の土地、不動産に命をかけるという文化が生まれました。それは武士がいなくなっても、今も精神的に受け継がれています。今は戦場が経済という世界になっているだけで、武士の精神はそのまま生きています。

以前海外の戦争が絶えない国の人が、日本の都市のたくさんのサラリーマンを見て、ウォーリアだとと叫んだと言いますが、戦士ということで、みんな戦士のようだと表現したそうです。今でもそのようなやり取りが経済、特に不動産では武器を使わずにされているという事でもありますし、その執着は日本の場合に独特なものがあると思います。私たちもその中で生きていますから、不動産や賃貸の知識を多く持てば持つほど自分を守ってくれると言うことになります。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.