不動産の物件の呼び方に、収容可能人数や世帯数が関係している事があります。集合住宅や一戸建てがその一例です。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

不動産の物件と人数による呼び分け

PAGETITLE
私たちは色々な基準で物の分類をする事があります。分類の基準は様々なのですが、その1つに人数があります。例えばある施設の収容可能人数は50人だとします。ところが別の施設の場合は1万人だとします。この場合、明らかに後者の方が多くの人数を収容可能という訳です。ですので前者を小型とし、後者を大型などと分類する訳です。このような分類の仕方は、不動産にもあります。

人数による分類は、主に住宅に適用されている事が多いと思います。例えば戸建てとマンションです。この両者の明確な違いは、上記でも申し上げた収容可能な人数です。一般的には、戸建ての方は1世帯の居住を原則としているものです。ところがマンションの場合は、複数世帯となっているものです。つまり収容可能人数や世帯数に違いがある訳であり、それによって呼び方が変わっている訳です。ただし駐車場や駐輪場の場合は、この呼び分けがなされるとは限りません。駐車場のような不動産物件の場合は、人数の多い少ないで呼び方が変わっていることは無いからです。せいぜい大型駐車場や小型駐車場という呼び分けでしょうか。いずれにしても不動産の物件の場合は、人数によって呼び方が大きく異なるという分類方法が存在する訳です。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.