不動産にはいくつか定められた法律があります。不動産の法律について記事を投稿させていただきます。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

不動産に関係する法律について

PAGETITLE
不動産にはいくつか定められた法律があります。不動産の法律について記事を投稿させていただきます。不動産に関する法律として、借地借家法と呼ばれる法律があります。借地借家法とは、賃貸人と比較して立場が弱い、借家人や借地人を保護するための賃貸契約に関する法律のことです。借地権とは建物の所有を目的として、土地を借りる権利のことで、地上権や賃借権などを含めています。借地権には、ふつう借地権と定期借地権があります。普通借地権の契約期間は30年以上とされています。更新は、1回目は20年以上、2回目以降は10年以上とされています。定期借地権は、契約の期間が終了すると、契約は更新されません。

次は借家権についてですが、借家権とは、建物の賃借権のことをいいます。借家権には普通借家権と定期借家権の2種類が存在します。普通借家権の契約期間は1年以上です。定期借家権の契約期間には制限は存在しませんが、必ず正式な書面(公正証書等)で契約する必要性があります。定期借家権は、契約に定められている期限がくると、契約は必ず終了とされます。ただし、再契約を行うことは可能です。他にも不動産に関する法律として、宅地建物取引業法などもあります。是非勉強されることをお勧めします。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.