不動産を取引するにはいくつかのルールがあります。取引する上で知っておかなければならないことを紹介します。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

不動産の取引に関して

PAGETITLE
不動産を取引するにはいくつかのルールがあります。取引する上で知っておかなければならないことを紹介します。不動産の取引では、通常契約を行い、決済引き渡しという2つの流れがあります。契約を行った後のトラブルを防ぐためにいくつかのルールがあります。一つは手付金です。不動産の売買契約を行う際には、買主は、売主に対していくらか金銭を渡します。この時の金銭を手付金といいます。買主は手付金を放棄することで契約を解除することが可能です。売主は、契約金の倍額を支払うことにより、契約を解除することが可能となっています。不動産の売買契約を行った後に、地震や津波などにより不動産が無くなってしまった場合には、買主がその責任を負担することになっています。契約後に天変地異などで不動産が無くなってしまった場合には、買主はお金を支払う義務があります。

売買が行われた不動産に隠れた瑕疵があった場合には、売主に責任が無い場合でも責任を負うことになっています。買主が瑕疵の存在を知らなかった場合には、買主は損害賠償を請求することが可能です。また契約の目的を達成することができない場合については、買主は契約を解除することが可能です。これらのルールは自分が不動産売買を行う際に非常に役に立ちますので、是非覚えているといいと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.