トラブル付きの古い物件は不動産投資をする際には、できれば避けるべきだが、考え方次第で大きな収入源にもなりうる。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

トラブル付きの物件は不動産投資で注意が必要。

PAGETITLE
私は古く安い物件を扱う不動産投資で多くの収入を得る事ができましたが、いろいろな失敗がありました。それは過去にトラブルがあった物件です。このような物件はなかなか入居者を得る事ができない上、業者にも売る事ができません。私は当時、その物件をいかに売るかに時間をかけて、多くの労力を費やす事になりました。私はこのような経験から物件を探す際はしっかりと下調べをするようになり、それ以降物件選びで失敗する事はありませんでした。このようにトラブル付きの物件は安易に手を伸ばす事は皆さんにお勧めしません。

安い物件を探していると、いろいろな物件に出くわします。ちょっと変わった構造の家や腐った家などありあります。しかし、そのような物件はリフォーム次第で大きな収入源になることを頭に入れておいてください。かならず、どようなリフォームをすれば入居者が入るかを考える癖を付けていれば問題は解消されます。私もそのような物件を取り扱う事によって、大きな収入を得る事ができましたから。まず実際に物件探しをしっかりするところから、不動産投資が始まります。ぜひ、このような私の経験を参考に大きな収入をみなさんにも手に入れてほしいと思います。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.