我が家は戸建が欲しいと思っていて、いくつか見学に行きましたが不動産業者の戦略が判ってきました。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

不動産を見学して勉強になった

PAGETITLE
我が家は賃貸マンションで今は数年ほど住んでいます。数年前に引越しをしてきたのですが特別優良賃貸という物件で一定期間であれば家賃補助が出るというマンションでした。都内でまさかの家賃が一桁台になるなんて、便利ですよね。しかも数年前は、その期間の間にお金貯められるなんて思っていたわけです。しかし、よくよく考えると子供の通学の学区があったり、住宅を購入するとして、諸費用ローンというのがあるにしても、手付金で現金が必要という現実があるわけです。

ただ、やはり決断を早くしなければならないと思うと見学に行く頻度も増えましたし、いくつかの不動産の業者の方と話をして、一番どこの会社さんがお得に購入できるかなんて天秤にかけるようになりました。そして、ある物件が間取りも広く、太陽光発電なんて設置されていながら400万円ほど安くなっていたんですよね。で、その理由を聞いたわけです。何かね問題があって安く寝下がったのかと思って。すると、年度末というのが理由だったのです。

業者さんは、3月決算ですので完成された物件に関しては売りさばいてしまいたいらしいんですよね。なので、いわゆる網戸などのオプションやローンのプランなど細かいことも、その時期くらいだと多少の融通は効くらしいのです。なので、物件購入というのには一番お買い得時期なんだと聞きました。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.