家を購入するということに関しては、やはり世帯主の権限が必要ですよね。しかし不動産業者のターゲットは奥様です。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

不動産担当者の方とのやりとり

PAGETITLE
我が家では、一般的な主人は会社勤めで私は母親であり主婦でもあります。今は子供たちがまだ小さいので専業主婦として、育児と家事をしているという日々です。もちろん、買い物もスーパーの特売日などを狙って開店直後に行ったりとか、ポイントでお買い物をしたりとか、いかに安くお得に手にいれるかという楽しみでありながら、節約をしています。ただ、戸建に関しては、さすがに私が購入するわけにはいきませんよね。

我が家も、後には戸建が欲しいと考えてはいるのですが、何といいますが我が家の経済事情とこんな間取りであったら良いという要望とが、高望み状態のような感じになっていますので、なかなか購入という行動に躊躇してしまっています。そりゃそうですよね。一度買ってしまったら、何十年もローンを支払っていくわけですから。このご時世ですし景気も良いのか悪いのかといった状況ですからね。

しかしながら、不動産の業者さんというのは物件見学の時に押しを強めてくるのは奥様なのですよ。というのも、私のように日常家にいるのは私の方が多いですからね。それに、担当者さんにもお子様が居たりしたら、子供を話の種にもってくるんですよね。今まで何度かやりとりしましたが、やはりパパさんというだけで私も親近感がわいて話がやりやすいと思いました。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.