規模の大きな不動産をそのまま眠らせている方には、近年は太陽光発電を利用した土地利用方法もあります。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

大規模な遊休不動産の近年の利用方法

PAGETITLE
遊休させている不動産をお持ちの方は、年々固定資産税を取られるのも煩わしくなってきていませんか?かと言って何か土地活用を行うにはリスクが高い、ともお考えではないでしょうか。近年はさまざまな産業の進展により、新しい土地活用方法が出てきました。

それは大規模な太陽光発電の設置です。新聞などのメディアではメガソーラーと呼ばれて脚光を浴びているものです。2012年7月より産業用途に限り太陽光発電の電気は全て売電できる全量買取制度が開始され、太陽光発電の全ての発電は売却、お金に換金できるようになりました。広大な不動産を所持されている方で特に日照時間が長いと言われている愛知県など東海地方の方からはとりわけ注目を浴びています。

太陽光発電はクリーンエネルギーのひとつのため周囲にも迷惑をかけることはありません。除雪や汚れに対するメンテナンスは若干必要ですが温暖な地方で行うことが前提であればまず除雪はさほど考えなくてもよいでしょう。また粉塵程度の汚れであれば近年の太陽光発電パネルは気にならないレベルまで進化しています。屋外に置く性質上、ゴミや鳥の巣・糞などといったものに対してメンテナンスする程度で十分でしょう。休ませている土地をクリーンエネルギーに変えてみませんか?

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.