不動産会社やハウスメーカーといった言葉を聞きます。中古なのか、注文なのかによって、異なります。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

不動産会社とハウスメーカーの違い

PAGETITLE
家の購入を考えるとき、不動産会社、ハウスメーカーと言った言葉を聞きます。違いが分からない人が多いと思います。不動産会社は、主に個人の土地や建物の仲介業を行い、ハウスメーカーは、自分の会社のものを建てて、売ります。仲介だと仲介手数料が別途発生します。ハウスメーカーは、家ではありますが、ある程度決まった商品を売りますので、営業は、不動産の知識をたくさん持っていなくても、売ることができます。宅地建物取引主任者の資格を持っていない人も珍しくありません。しかし仲介は、一つ一つ物件が異なるため、いろいろな知識、経験が必要です。重要事項説明も、物件が全く異なるものばかりなので、他の人が代わりにするというのは、無理です。

売買仲介の営業をしていた人が、いきなり新築の営業をすることは、ありえますが、新築しか営業したことない人が、仲介の営業をするのは、知識の種類が違うので、とても大変です。不動産業界何十年と言っていても、畑が違えば、全くの素人同然ということもありますので、特に、仲介の場合は、営業担当者によって、売買の成立の動向が決まるところもあるので、少しでも、担当者に不安があれば、担当者より上の責任者に相談しましょう。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.