住まいとして不動産を選ぶ場合の必要な知識について説明しました。重要な心構えについても明記しています。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

住まいとして選ぶ不動産の良し悪し

PAGETITLE
住まいを選ぶ視点として重要なことは家族にとってその住宅が本当に良いのかということです。機能面をまずは重視して選ぶことが必要になります。外見の良い住宅は魅かれるものがありますが実は使いにくいということがあるかもしれません。それよりも駅から近く、環境も良い場所にあるということの方が外見よりも重視すべき点です。また付属したものについても細かくチェックするべきでしょう。キッチンであれば女性がしっかりとそこに立ってみて使いやすいかどうかなどをチェックすることが良いです。何となく良さそうでは下見をする意味がないと言えます。

また不動産価値があるかどうかも見ておきたいところです。安い物件を選んだ方が良いかもしれませんが、価値が低いものをローンで購入すると後で後悔するかもしれません。妥協は必要でしょうが、質の良い住宅を選ぶことを心掛けるべきでしょう。また不安なところがあればどんどんとスタッフの人に質問をしておいた方が良いです。それは意外な話が聞けるからです。良いことばかり言うスタッフの人が多いですが、真剣に質問していくと本音が聞けることがほとんどですのでそういうことも馬鹿にはできません。本当に良いものを見極めるのは素人ではかなり難しいことかもしれません。しかし一生ものですので真剣になるべきときは今なのです。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.