イギリスは日本よりも中古の不動産物件が多めであり、築年数が古い方が資産価値が高いと見なしている傾向があります。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

イギリスと日本における不動産に対する考え方の相違

PAGETITLE
海外と日本の住宅事情は、色々と異なっている一面があるものです。国によっては日本よりも賃貸の住宅が多いところなども有ります。そうかと思えば、日本より中古の住宅の割合が多い国なども有りますし、国によって不動産の事情が色々と異なっている一面があるものなのです。では、例えばイギリスなどは日本とはどのように異なっているのでしょうか。

イギリスと日本の不動産物件の相違点は、主に2つあると言われています。まず中古の物件です。イギリスという国は総合的に築年数が古い物件が多い傾向があるのです。つまり中古の物件数が、日本より多い傾向があります。そして2つ目ですが、築年数と資産価値の考え方の相違点です。一般的に、日本の物件の場合は築年数が古い方が資産価値が下がる傾向があります。その証拠に日本では、築年数が古い賃貸の物件の方が家賃なども安価な傾向があるのです。ところがイギリスの場合は、その逆です。あの国では、築年数が古い方が資産価値が高いと見なされるそうなのです。そのためイギリス人は、日本人よりも1つの住宅に長く居住する傾向もあるのですが。つまり中古の物件数と資産価値の考え方という2つが、日本とイギリスの不動産物件に対する考え方の相違という訳です。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.