アメリカは日本よりも中古の不動産の住宅が多いので、購入回数が日本よりも多い傾向があります。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

アメリカと日本における中古の不動産物件と購入回数の違い

PAGETITLE
私たちが住宅を購入するとなると、基本的には一生に1回限りのものです。一生に数回にも渡って住宅を購入するケースなどは珍しいかと思います。不動産の物件の購入回数が1回限りになるケースがほとんどではないでしょうか。しかし、国が異なるとその購入回数も異なってくるものなのです。アメリカの場合は、日本とは別の考え方を持っているようです。

アメリカの場合も、もちろん日本と同様に不動産の売買物件は多数存在します。いわゆる持ち家です。しかしアメリカは、日本よりも中古の住宅が多く見られるそうなのです。中古の物件が多いだけに、全体として価格も安価な傾向にあります。日本よりも、物件の価格が低めになっている訳です。この価格が購入回数に関係してきます。アメリカという国は、日本よりも購入回数が多いそうなのです。上記でも申し上げた通り、日本の場合は購入回数は1回限りというケースが多いものです。ところがアメリカの場合は、もっと多いようです。複数回にも渡って買い換えるケースは、決して珍しくないようです。なぜならアメリカの物件は中古のタイプが多いわけですので、日本よりも買い換えがやりやすい一面が有るそうなのです。そのためアメリカは引越しの頻度も日本よりも多いのですが。つまりアメリカは日本よりも中古の不動産物件が多い関係上、住替えなどが発生する頻度も多いという訳です。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.