不動産の法律である、宅地建物取引業法について記事を記載します。ご参考までに宜しくお願い致します。

日本の不動産の売買について

日本の不動産の売買について

不動産の法律、宅地建物取引業法について

PAGETITLE
不動産の法律である、宅地建物取引業法について記事を記載します。ご参考までに宜しくお願い致します。宅地建物取引業法とは、宅地業者と一般の消費者が取引を行う際に、宅地業者へ有利で、一般消費者に不利益な契約が成立するのを防ぐための法律です。ある程度の規制を行うことにより、一般消費者の保護を行うことを目的としています。宅地建物取引業とは、自ら売買、交換の取引を行うこと、仲介人、代理人などを間にはさみ売買、交換、賃貸を行うこと(媒介)、他人の契約を代理して、売買、交換、賃貸を行うことを言います。

媒介の契約には3種類あります。一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約と呼ばれるものです。一般媒介契約は、他の業者に重ねて依頼をすることが可能ですが、専任媒介契約、専属専任媒介契約は、他の業者と重ねることができません。その代わりに、一般媒介契約は依頼者への報告義務や指定流通機構への登録の義務がありません。専任媒介契約と専属専任媒介契約は、依頼者への報告の義務や、指定流通機構への登録義務があります。宅建取引業者には報酬の制限があります。賃貸の場合には、額に関係なく、賃料の1ヶ月分とされており、売買、交換の場合には、200万円以下、200〜400万円、400万円を超える金額でそれぞれパーセンテージに応じた形で設定されています。

Copyright (C)2019日本の不動産の売買について.All rights reserved.